ビジネス向けWEBサイトをつくる

プラグインJetpackでWordPressの記事をFacebookに自動投稿する

本ページはプロモーションが含まれています

ブログ記事の拡散はX(Twitter)やFacebookなどのSNSに連携することが大切です。

そうすればSNSの一定数のフォロワーへ情報を届けることができます。

WordPressのプラグインにはSNSの自動投稿を可能にするものがあります。

私は「NextScripts: Social Networks Auto-Poster」というプラグインを使っていました。

しかし、このプラグインの設定は、だんだん難しくなったので、今では使っていません。

このページでは「Jetpack」プラグインを使ってFacebookに自動投稿を行ってみます。

実は、現在では「Jetpack」も使用せず、ブログの共有ボタンを押しています。

SNS共有ボタン

地道に一つずつ共有するのが確実です。

しかし、せっかく自動的に共有される機能があるので、やってみましょう。

【PR】「Theme3」では、企業サイトのWordPressテーマに「 ワードプレステーマTCD 」をオススメしています。
WordPressテーマ「GENESIS」の詳細をTCDのページで見る

ブロックエディタ対応
カスタム投稿タイプ「お知らせ」「サービス(事業案内)」
SEO機能(metaタグ、OGP、高速化)
他、機能多数。

ご購入は以下のバナーリンクページの購入ボタンをクリックしてください。

Jetpackの共有設定

では、Jetpackの設定を解説します。

  1. 管理画面から「Jetpack」→「設定」→「共有」をクリックします。
Jetpack設定画面:共有
  1. 「投稿をソーシャルネットワークに自動共有」をオンにします。

はじめてJetpackのソーシャル連携をオンにした場合は以下の画面が出るかもしれません。

サイトを選択

サイトを選択します。

マーケティングとインテグレーション

有効化をクリックします。

既にサイトが接続されている場合は以下の画面になります。

Jetpackソーシャル連携
  1. 「ソーシャルメディアアカウントを接続する」をクリックします。
マーケティングとインテグレーション

さまざまなSNSと自動共有が可能です。

今回はFacebookと連携します。

  1. Facebookの「連携」をクリックします。
Facebookでログイン:設定編集

ダイアログが表示されますが、「設定を編集」と「アカウント名」の2つのボタンがあります。

  1. 「設定を編集」をクリックしてみましょう。
Jetpackからアクセスできるページを設定
  1. 共有するFacebookページを選択し「次へ」をクリックします。
Jetpackに許可する隠せスの設定
  1. 完了」をクリックします。
JetpackがFacebookにリンクされました
  1. 「OK」をクリックします。
Facebookと連携中
  1. 「接続」をクリックします。
Facebookアカウントと連携しました。

Facebookアカウントが連携されました。

では、元にもどってアカウント名をクリックしてみましょう。

JetpackはFacebookにリンク済みです
  1. アカウント名をクリックします。

この場合は8からの操作と同じように遷移します。

実は何度か同じような操作をしましたので、このようにはならないかもしれませんが、全てのダイアログを掲載しましたので、問題無く連携できると思います。

【PR】「Theme3」では、企業サイトのWordPressテーマに「 ワードプレステーマTCD 」をオススメしています。
WordPressテーマ「SOLARIS」の詳細をTCDのページで見る

レスポンシブ対応
カスタム投稿タイプ「お知らせ」「企業情報」「サービス」「プロジェクト」
高速化設定(絵文字読み込み・コード最適化)
他、機能多数。

ご購入は以下のバナーリンクページの購入ボタンをクリックしてください。

投稿してみましょう

では、共有設定が完了しましたのでテストしてみます。

投稿画面を開いて、Jetpackのアイコンをクリックしてみてください。

この投稿を共有

「この投稿を共有」のボックスがあることを確認します。

では、投稿してみましょう。

メッセージに入力

「この投稿を共有」のメッセージに

Facebookへの自動投稿をテストしてみました。

と記入し投稿します。

投稿結果

以下のカードがFacebookページに自動で投稿されます。

Facebook共有カード

矢印で指した部分が「この投稿を共有」のメッセージにあたります。

【PR】「Theme3」では、企業サイトのWordPressテーマに「 ワードプレステーマTCD 」をオススメしています。
WordPressテーマ「GENESIS」の詳細をTCDのページで見る

ブロックエディタ対応
カスタム投稿タイプ「お知らせ」「サービス(事業案内)」
SEO機能(metaタグ、OGP、高速化)
他、機能多数。

ご購入は以下のバナーリンクページの購入ボタンをクリックしてください。

Jetpack自動共有の注意点

Jetpackの自動共有には注意点があります。

それがメッセージの入力です。

試しに「この投稿を共有」のメッセージを入力しないで投稿してみましょう。

メッセージ未記入

投稿結果

共有カードのメッセージに注目してください。

Facebook共有カードに本文が表示される

メッセージを記入せず、投稿すると本文が表示されてしまいます。

本文が長くても、そのまま表示されますので、必ず「メッセージ」を記入しましょう。

まとめ

この本文が表示されてしまう機能がなければ、とても使い勝手がいいと思います。

しかし、うっかりメッセージの記入忘れをしてしまうこともあります。

忘れの場合は未記入のままで表示すればいいのにと思います。

私の場合、これが嫌なので結局はブログの共有ボタンを使うことになったのでした。

【PR】「Theme3」では、企業サイトのWordPressテーマに「 ワードプレステーマTCD 」をオススメしています。
WordPressテーマ「GENESIS」の詳細をTCDのページで見る

ブロックエディタ対応
カスタム投稿タイプ「お知らせ」「サービス(事業案内)」
SEO機能(metaタグ、OGP、高速化)
他、機能多数。

ご購入は以下のバナーリンクページの購入ボタンをクリックしてください。

プロモーション

戦略的WEBサイト構築方法

戦略的WEBサイト構築方法
WEB担当者にオススメ

WEBサイトをビジネス戦略のPDCAサイクルに組み込むための考え方と、サイトを内製化する方法を分かりやすく解説します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

16 + four =

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUT US
lin記事を書いている人
はじめまして。「lin」です。クリエイティブディレクター兼グラフィックデザイナーとして活動しています。おかげさまで、キャリア25年以上になりました。「Theme3」は、私が企画デザイン事務所スラッシュディーの仕事で得たノウハウを公開します。
※以下は私が活動している企業情報にリンクしています。