ビジネス向けWEBサイトをつくる

コーポレートサイトをWordPressで作る3つの方法

本ページはプロモーションが含まれています

WordPressでコーポレートサイトを作る場合の方法を考えてみます。
WordPressはブログツールとして開発が始まりましたが、サイトを作るための機能改善がなされ、コーポレートサイトを作り上げるCMSとして、高いコストパフォーマンスを誇ります。

CMSとは
コンテンツ・マネジメント・システムのこと。
文章や画像をデータとしてデータベースで管理しているため、メンテナンス性が高い。
簡単にいうと専門的な知識の必要がなく、文章や画像、ページ構成などを簡単に変更、管理できるシステム。
ニュースなどの管理公開に適しています。

CMSについては日立ソリューションズの記事がよくまとまっていたので、リンクしておきます。

WordPressが優れているのは、Google サーチコンソールやMAなどとの連携が簡単だということです。

ノーコードをうたったクラウド型のホームページ制作ツールの場合はMAと連携出来ないものもあるので、注意が必要です。

MAとは
マーケティングオートメーションのこと。
簡単にいうと顧客へのアクション管理ツールです。WEBを使った営業支援ツールといえばいいかもしれません。この分野ではCRM(Customer Relationship Management)やSFA(Sales Force Automation)なども注目されています。

MAツールとしては低価格帯をサポートした「BowNow」の記事にリンクしておきます。
そちらをご参照ください。

一言でWordPressでホームページを制作するという場合でも、手法としては3つの方法を考えることができます。

このブログでWordPressによる企業サイト制作を詳しく解説する前段階として、3つの方法を提示しておきます。

【PR】「Theme3」では、企業サイトのWordPressテーマに「 ワードプレステーマTCD 」をオススメしています。
WordPressテーマ「SOLARIS」の詳細をTCDのページで見る

レスポンシブ対応
カスタム投稿タイプ「お知らせ」「企業情報」「サービス」「プロジェクト」
高速化設定(絵文字読み込み・コード最適化)
他、機能多数。

ご購入は以下のバナーリンクページの購入ボタンをクリックしてください。

WordPressでコーポレートサイトをつくる3つの方法

いずれもWordPressで管理できるコーポレートサイトができあがるのですが、プロセスが異なります。
また、それぞれ、メリットとデメリットがあります。

  1. WordPressテーマでコーポレートサイトを制作する
  2. WordPressをCMSツールとして、コーポレートサイトをCMS開発する
  3. スクラッチ開発したサイトにWordPressをを組み込む

ホームページの制作方法は通常②と③の2つに分類されることが多いのですが、私はもう一つ追加しました。

WordPressテーマでコーポレートサイトを制作する

WordPressテーマにはコーポレートサイトを作る目的で設計されたものも多数あります。
ワードプレステーマTCDはその中の一つです。

ワードプレステーマTCDワードプレステーマTCDでは、コーポレートサイトを作成するためのテーマが多数あります。以下はその一部です。
WordPressテーマ「Beyond」
WordPressテーマ「SOLARIS」
WordPressテーマ「DROP」

ワードプレステーマTCDは使ってみると少し特殊なテーマだと分かります。
マニュアル通りに作っていくと、デモサイトの様なサイトができあがります。

ブロックエディタより自由度がない感じがします。
そのため、このテーマを使用する場合はWordPressをCMSツールとして使用するというより、ワードプレステーマTCDが描いた設計図の通りサイトを組み立てるようなものです。

それが、このテーマを②のCMS開発としなかった理由です。

メリット
  • 初心者でもデモサイトと同クオリティーのサイトをつくることができます。
デメリット
  • ブロックエディタほどの自由度はありません。

WordPressをCMSツールとして、コーポレートサイトをCMS開発する

WordPressによってホームページをCMS開発する場合、ブロックエディタを利用することがマストです。

最近のテーマのほとんどが、ブロックエディタに対応しています。
以下は、私が使用したことのあるテーマの一部をピックアップしています。

LIQUID PRESS LIQUID PRESSシリーズは「CORPORATE」というビジネス向けのテーマを用意しています。日本語対応高品質WordPressテーマとして売り出しています。
「CORPORATE」は多言語化も可能です。
Emanon Premium Web集客に特化したWordPress 有料テーマ Emanon」といわれるように、集客の強さが売りです。
使ってみると設定が少し難しい印象をうけました。
BusinessPress日本語で制作されることをメインで考えたWordPressテーマです。
BusinessPress は無料配布されているのですが、2019年の公開から一度もアップデートされていません。しかし、とても素性のいいテーマです。

WordPressをCMSツールとした場合、ブロックエディタを使った固定ページをホームにすれば、HTML+CSSで作成されたものと同等の自由度があります。

ブロックエディタには「高度な設定」で、CSSが設定できるからです。
HTML+CSSではなくブロックエディタ+CSSで、ホームページを作るという感じです。

先にテーマを3つピックアップしましたが、WEB制作者にとっては、どれもイマイチ十分とはいえません。
私は「BusinessPress」を使って、開発のベーステーマを作りました。その件については別ページで解説していきたいと考えています。

HTML+CSS
ホームページをスクラッチ開発する場合は、HTMLという言語で骨格を作り、CSSという言語で装飾を行います。
HTMLは文章や画像を構造化するためのものなのでシンプルですが、CSSはスマホ対応を行う上で複雑になりがちです。

スクラッチ開発
ゼロからオーダーメイドでホームページを作成する場合をスクラッチ開発といいます。
設計からフィニッシュまで、顧客と打ち合わせながら、独自のものを作り上げます。制作には、デザイン、システム、マーケティング、コピーライティング、アートディレクションといった様々なスキルが要求されます。
CMS開発に比べて、大きなコストが必要です。

メリット
  • WordPressの自由度を惜しみなく使ったサイトが出来上がります。
デメリット
  • 初心者ではCSSの設定が難しく、結局テーマなりのものしか作れないでしょう

スクラッチ開発したサイトにWordPressをを組み込む

スクラッチ開発したHTML+CSSのHTMLにWordPress関数やWordPressループを組み込んでホームページをWordPressで管理できるようにします。

最も、作業工数がかかる制作方式です。
初心者の方にはあまりオススメできません。

しかし、最新情報だけWordPress化するというような部分的な取り組みも可能ですので、比較的簡単に学習できると思います。

WordPress以外のCMSを検討すべきですが、コストを抑えたい場合は、WordPress導入が最適です。

メリット
  • デザインに制限がありません。最も自由度がある制作方法です。
デメリット
  • WordPressだけでなく、HTML+CSSのスキルが必要です。現実的には、それらを分業で行う場合に適しています。
  • 内部SEOを行うためには、HTMLを対応させるだけでなく、プラグインの導入も必要です。この点で、WordPressのSEOメリットを発揮できない場合もあります。

【PR】「Theme3」では、企業サイトのWordPressテーマに「 ワードプレステーマTCD 」をオススメしています。
WordPressテーマ「SOLARIS」の詳細をTCDのページで見る

レスポンシブ対応
カスタム投稿タイプ「お知らせ」「企業情報」「サービス」「プロジェクト」
高速化設定(絵文字読み込み・コード最適化)
他、機能多数。

ご購入は以下のバナーリンクページの購入ボタンをクリックしてください。

まとめ

最後に難易度をまとめて起きます。

「WordPressテーマでコーポレートサイトを制作する」ことは、以下の表ではワードプレステーマTCDのテーマを使用するということにしました。

WordPressによるCMS開発に使用出来るテーマは多数ありますが、それぞれに使い勝手が異なります。
今後、このブログではテーマ毎にピックアップしていきますので、このページでは簡単な概要をおはなししたと思っていてください。

制作方法難易度
①ワードプレステーマTCDにテーマを使用する
②WordPressテーマによるCMS開発
③スクラッチ開発のソースコードにWordPressを組み込む

企業の担当者の方が、ホームページの内製化を図る場合、一から難しいスキルにチャレンジするのは時間の無駄だと思います。
私としては、ワードプレステーマTCDの利用をおススメします。

また、ワードプレステーマTCDを使えば、初心者の方でも十分なクオリティーのホームページを制作することができます。

ワードプレステーマTCDはWordPressテーマとしては高額な方ですが、作業自体は簡略化出来るテーマです。

中級者以上になってきて様々なテーマに触れて行くにつれ、選択肢は増えていきます。

そこがWordPressの面白さだと思います。

最後に、企業サイトを作るために適したワードプレステーマTCDのテーマをまとめておきます。

企業サイト制作にオススメのTCDテーマ【PR】
  • 「SOLARIS」……クオリティーの高いサイトを作り上げられます。
  • 「Beyond」……企業を数値データでアピールできます。
  • 「DROP」……ランディングページ向けのテーマです。
  • 「EGO.」……企業サイト内で商品販売を行うようなサイトを作ることができます。
  • 「ROCK」……オウンドメディアを構築できます。
  • 「MASSIVE」……採用サイト向けのテーマです。

【PR】「Theme3」では、企業サイトのWordPressテーマに「 ワードプレステーマTCD 」をオススメしています。
WordPressテーマ「SOLARIS」の詳細をTCDのページで見る

レスポンシブ対応
カスタム投稿タイプ「お知らせ」「企業情報」「サービス」「プロジェクト」
高速化設定(絵文字読み込み・コード最適化)
他、機能多数。

ご購入は以下のバナーリンクページの購入ボタンをクリックしてください。

プロモーション

戦略的WEBサイト構築方法

戦略的WEBサイト構築方法
WEB担当者にオススメ

WEBサイトをビジネス戦略のPDCAサイクルに組み込むための考え方と、サイトを内製化する方法を分かりやすく解説します。
ABOUT US
lin記事を書いている人
はじめまして。「lin」です。クリエイティブディレクター兼グラフィックデザイナーとして活動しています。おかげさまで、キャリア25年以上になりました。「Theme3」は、私が企画デザイン事務所スラッシュディーの仕事で得たノウハウを公開します。
※以下は私が活動している企業情報にリンクしています。