ビジネス向けWEBサイトをつくる

企業のWEB担当者にオススメ、ビジネス戦略のPDCAを回すコーポレートサイトの作り方

本ページはプロモーションが含まれています

現在ではホームページを持っていない企業を見つけるのは難しくなりました。
それは、ホームページの作り方が多様化し、誰でも簡単に欲しいホームページが持てるようになったからだと思います。

企業がホームページを持つ目的の大半は、ビジネスに繋げるため、あるいはブランドを周知するためでしょう。

しかし、ホームページがあるからといって、簡単に目的を実現出来るわけではありません。

現実は厳しく、ホームページを持っていても、アクセスがなかったり、見て欲しいページが見られなかったりします。

なぜ、そんなことになってしまうのでしょうか?

制作会社はとても親身になってくれたのに…
見た目はとてもきれいなホームページだと思うのに…
コストをかけた割に、見返りが少ない…
安直に制作費の安い制作会社に制作してもらったからだろうか…
ホームページを更新しようとしたら、多額の見積もりが来た…

等々、ホームページに関するご担当者の悩みはつきません。

あげくに、コンサルから広告やホームページ改善の提案があって、納得してお願いしたのだけれど…

コンサルフィーや広告費がバカにならない…
コンサルの提案が誰でも考えられるものばかり…

等々、だんだん悩みが深くなるばかりといったお話しも漏れ聞こえます。

【PR】「Theme3」では、企業サイトのWordPressテーマに「 ワードプレステーマTCD 」をオススメしています。
WordPressテーマ「GENESIS」の詳細をTCDのページで見る

ブロックエディタ対応
カスタム投稿タイプ「お知らせ」「サービス(事業案内)」
SEO機能(metaタグ、OGP、高速化)
他、機能多数。

ご購入は以下のバナーリンクページの購入ボタンをクリックしてください。

PCDAを回せる体制をつくりましょう

ホームページは情報発信のツールに過ぎません。

どんなコンテンツを発信するかが、最も重要なのです。

制作会社にホームページを依頼して、そのままになってしまうことが、最も危険な状態です。

また、SEO会社に依頼して、アレコレやってみるのも時間の無駄です。

アクセスが少ないことを嘆くのではなく、何を発信すれば、お客さまのためになるかを考えることこそがホームページを運用する最初の一歩だと思います。

そして、仮説を立て、実行、結果をチェックし、さらに改善することにより、目標へ近づく…PDCAを回せる体制づくりが必要です。

ひとりの担当に丸投げでは、PDCAを回すことはできません。

【PR】「Theme3」では、企業サイトのWordPressテーマに「 ワードプレステーマTCD 」をオススメしています。
WordPressテーマ「SOLARIS」の詳細をTCDのページで見る

レスポンシブ対応
カスタム投稿タイプ「お知らせ」「企業情報」「サービス」「プロジェクト」
高速化設定(絵文字読み込み・コード最適化)
他、機能多数。

ご購入は以下のバナーリンクページの購入ボタンをクリックしてください。

ノウハウを集めましょう

次にノウハウを集めることも重要です。

最近の企業ホームページでは「資料ダウンロード」のボタンが付いているものが多くなりました。

これは、ホワイトペーパーをダウンロードさせるもので、リードの獲得とナーチャリングの一貫として行われる施策です。

実際には広告と一緒に使われることが多いです。
常套的な施策といえるでしょう。

ホワイトペーパー
自社の提供出来るソリューションをまとめたもの。
ネットユーザー(顧客)が魅力を感じるものをPDF等で用意し、ダウンロードを促します。
その際、顧客情報をフォームで入力させ、顧客情報を得ます。

リード
見込み顧客のことです。

ナーチャリング
「見込み顧客」を「顧客」に醸成することを目的としたマーケティング活動のこと。

※コンサルとの打ち合わせでは、必ず出てくる用語ですので、あえて使ってみました。

他にもファネルという言葉があります。
ファネルとは漏斗(じょうご)のことで、顧客が検討から制約までの流れで絞り込まれていくフェーズをモデル化したものです。

ホワイトペーパーには、重要なノウハウをまとめたものが多いので、ネットで検索すれば数多くの有用なホワイトペーパーに出会うことができます。
有用な情報を得られるのですから、顧客情報はきちんと入力しましょう。

さらに、企業が公開するウェビナーもノウハウ収集の場として重要です。
最近では、ほとんどが無料参加ですので、高額の勉強会に出席するよりは有益かもしれません。

いずれにしても、情報の見極めは必要です。
それは、優秀なコンサルに行き当たるのと、大して変わらないでしょう。

WEBマーケティングに関するノウハウもホワイトペーパーやウェビナーで、簡単に収集できます。
コンサルにお支払いするお金が惜しい、優秀なコンサルに出会えない、そんな場合は、ホワイトペーパーの収集やウェビナーへの参加を考えてみてください。

【PR】「Theme3」では、企業サイトのWordPressテーマに「 ワードプレステーマTCD 」をオススメしています。
WordPressテーマ「GENESIS」の詳細をTCDのページで見る

ブロックエディタ対応
カスタム投稿タイプ「お知らせ」「サービス(事業案内)」
SEO機能(metaタグ、OGP、高速化)
他、機能多数。

ご購入は以下のバナーリンクページの購入ボタンをクリックしてください。

コラム(ブログ)の重要性

コンテンツマーケティングの手法の一貫として、必要なのがブログです。コラムとして公開されている企業もあります。

コンテンツマーケティング
価値あるコンテンツを公開し続けることによって、顧客との接点を得るマーケティング手法。企業のファンを増やしたり、ブランディングに効果的な手法です。
私はホームページの役割こそ、このコンテンツマーケティングを行うツールとしてとらえています。効果が約束できる手法ですが、デメリットは時間と労力がかかることです。

コンサルに話をお伺いすると、先ほどの資料ダウンロードと共によく提案されるのが、コラムです。

しかし、ブログ(コラム)の難しさは、ハンパではない努力が必要です。
4,000字にもおよぶ文章を、ほぼ、毎日のように書き上げることも必要です。
また、集客効果が安定するためには60〜100記事以上の記事数が必要だといわれています。

実際に私のブログ運用経験でも同じような結果です。
ただし、「価値あるコンテンツ」を提供し続けないと、集客力は必ず低下していきます。
この事実については、誰もがあまり触れたがらないようです。

なぜなら、せっかく集客効果が上がることを約束された施策なのに、二の足を踏んでしまうことになるからです。

しかし、その事実を明記した上でも、私はブログをオススメします。
ブログは競合他社のなかで頭角をあらわすことをねらう、企業活動そのものです。
ブログが続けられないようでは、事業そのものもあやういのではないでしょうか?

コーポレートサイトは自社制作が基本

以上、オススメしたように、体制を構築するめどが立ち、ノウハウも順調に集まったとします。

そこで、WEB戦略会議を開き、あとはホームページで実践するだけになりました。

しかし、以下のような問題に直面する企業もいらっしゃるようです。

コーポレートサイトの管理を制作会社に任せているため、スピーディーな情報公開ができない。
コーポレートサイトを更新するノウハウがない。

私はWEB制作を生業にしているのですが、本来コーポレートサイトは自社制作であるべきだと考えています。

なぜなら、自社制作のサイトは当然自社で運用可能です。
さまざまなマーケティング施策を検討・実践するのはスピードが必要です。
お客さまへのサービス向上のためには、あらゆる面で効率を追求すべきです。

今では、個人が簡単にホームページを作り、自分のPRを行う時代です。

企業が自社サイトを作れないわけがありません。

ワードプレステーマTCDをオススメする理由

私はコーポレートサイトを自社制作する場合、ワードプレステーマTCDをオススメします。

ワードプレステーマTCDについては以下のページでも述べました。
そちらもご参照ください。

私は「コーポレートサイトをWordPressで作る3つの方法」において、以下のように述べました。

CMSツールとして使用するというより、ワードプレステーマTCDが描いた設計図の通りサイトを組み立てるようなものです。

これが、ワードプレステーマTCDのテーマをオススメする理由です。

WEBサイト制作の知識がなくても、プラモデルを組むようにサイトを作り上げることができます。
まさに、制作者いらずのテーマです。
初心者に最適だと思います。

ワードプレステーマTCDのレイアウト方法

では、実際にどのようにしてホームページが出来上がるのか、具体的に管理画面から設定法方を見ていきます。

以下のようなページを作成する場合、ワードプレステーマTCDのテーマは専門的な知識を必要としません。
簡単な文字の設定と画像の設定だけで可能です。

ページサンプル

出典:https://doi-nouen.com/commit/

上記の図にも示したようにヘッド部分は「ヘッダー画像の設定
コンテンツ部分は「コンテンツビルダーの設定」で作っています。

ヘッダー画像の設定

以下はTCDのWordPressテーマ「EGO.」の設定画面です。

TCD管理画面のヘッダー画像の設定

「ヘッダー画像」の設定と「見出しタイトル」「説明文」を書き込んでいるだけです。

「見出しタイトル」「説明文」はPCとモバイル表示で改行を変更して設定しています。

その他の設定はデフォルトのままです。

コンテンツビルダーの設定

コンテンツ部分は「コンテンツビルダーの設定」で設定します。

以下が固定ページのコンテンツビルダーです。

TCD管理画面のコンテンツビルダー

「コンテンツを追加する」ボタンを押せば、色々なコンテンツを追加出来るようになっています。

順番は決まっていませんので、自由なページ構成が可能です。
移動もドラッグすれば簡単です。一時的に非表示にすることもできます。

コンテンツビルダーは下図のように対応しています。

ホームページとコンテンツビルダーの対応

赤字で示した「キャプション画像」の設定を開いてみます。

コンテンツビルダーの詳細設定

キャプションの内容や色が設定されています。
リンク先のURLも設定できます。

文章と写真選びが適切ならば、「EGO.」デモサイトと同様のサイトができあがります。

ワードプレステーマTCDの特徴

ワードプレステーマTCDの特徴をまとめておきます。

  • コンテンツビルダーで自由度の高いページ構成を誰でも実現できる
  • レストラン、ホテル、美容・サロン、病院・クリニックといった業態に特化したテーマを用意している
  • デザイン的にはコーポレートサイトに適したものが多い
  • ブログとニュースの両方をサポートしているため、ブログをマーケティングに使いやすい
  • マニュアル完備
  • 有料テーマだが、社内で作ることを考えるとコストパフォーマンスが高い
  • 新しいテーマほど改良が加えられている

ワードプレステーマTCDのテーマは次々にバリエーションが開発提供されています。
そのため、新しいものの方が高機能です。
同じようなテーマで迷ったら新しいものを選びましょう。

私のオススメテーマのランキングは以下です。

順位テーマ特徴
1SOLARIS技術の高さ、国際性、ブランド力等を印象づけるテーマです。企業サイトとしては最適です。
2NANO信頼性の高い印象を与えるコーポレートサイトが制作できます。SOLARISより、少し堅実な感じのサイトができあがります。
3STORY写真を活かしたコーポレットサイトならこちらがよいでしょう。
4DROPランディングページ向けのテーマです。
5EGO.WooCommerceをショッピングカートに採用したショッピングサイトを制作出来ます。
6ROCKオウンドメディアを構築できます。
7EVERYマイページの機能を搭載し、会員制サイトを運営できます。
8MASSIVE採用サイトを構築できます。
9CURE医療機関向けのテーマです。
10TENJIKU飲食店の情報発信に最適なテーマです。

以上、もっともハードルが高いと思われるコーポレートサイトの自社制作について、具体的に説明させていただきました。

まとめ:戦略的コーポレートサイトをつくる方法

このページでは、企業のコーポレートサイトをどのように作るべきかを考えてきました。

以下に要点をまとめておきます。

  • PDCAスパイラルを回せる体制を作る
  • ホワイトペーパーやウェビナーでノウハウを集める
  • コーポレートサイトはWordPressで自社制作をめざす
  • 自社制作にはワードプレステーマTCDのテーマをオススメします
  • ブログ(コラム)でコンテンツマーケティングを実践する

WordPressでサイトを作ることができれば、自社のソリューションをまとめたホワイトペーパーをダウンロードさせる仕組みも、プラグインで導入可能になります。また、MA(マーケティング・オートメーション)プラグインやメールマーケティング用のプラグインを試すことも出来るでしょう。

さらにWEBマーケティングの可能性は広がります。
CRM(カスタマー・リレーションシップ・マネジメント:顧客管理システム)やSFA(セールス・フォース・オートメーション:営業支援システム)の導入を目指して、戦略的にWEBマーケティングを推進していきましょう。

【PR】「Theme3」では、企業サイトのWordPressテーマに「 ワードプレステーマTCD 」をオススメしています。
WordPressテーマ「GENESIS」の詳細をTCDのページで見る

ブロックエディタ対応
カスタム投稿タイプ「お知らせ」「サービス(事業案内)」
SEO機能(metaタグ、OGP、高速化)
他、機能多数。

ご購入は以下のバナーリンクページの購入ボタンをクリックしてください。

プロモーション

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

nineteen − fifteen =

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUT US
lin記事を書いている人
はじめまして。「lin」です。クリエイティブディレクター兼グラフィックデザイナーとして活動しています。おかげさまで、キャリア25年以上になりました。「Theme3」は、私が企画デザイン事務所スラッシュディーの仕事で得たノウハウを公開します。
※以下は私が活動している企業情報にリンクしています。