ビジネス向けWEBサイトをつくる

WordPressテーマTCD「UNIQUE」のwp_headアクションフック関数をカスタマイズする

本ページはプロモーションが含まれています

WordPressテーマTCD「UNIQUE」はWordPressテーマTCDの中でも多くのカスタマイズを行ったテーマです。

その一例を紹介します。

「UNIQUE」にはカスタムCSSを読み込む機能があるので、ページ毎にデザインを変更することが可能です。

しかし、カスタムCSSの後に何か別のCSSを読み込んでいたり、コードエディターが使えないなどの不便な点もあります。

そこで、「head.php」をカスタマイズして独自のCSSを読み込むことにしました。

問題となるのが「head.php」のwp_headアクションフック関数の再宣言エラーです。

このページでは関数の再宣言エラーの回避方法をとりあげます。

「head.php」のカスタマイズは、以下の手順です。

  1. 子テーマにhead.phpを配置
  2. 子テーマのfunctions.phpで親テーマのhead.phpの関数を削除
  3. 再宣言エラーを回避するためhead.phpの関数名称を変更

【PR】「Theme3」では、企業サイトのWordPressテーマに「 ワードプレステーマTCD 」をオススメしています。
WordPressテーマ「GENESIS」の詳細をTCDのページで見る

ブロックエディタ対応
カスタム投稿タイプ「お知らせ」「サービス(事業案内)」
SEO機能(metaタグ、OGP、高速化)
他、機能多数。

ご購入は以下のバナーリンクページの購入ボタンをクリックしてください。

子テーマにhead.phpを配置

「head.php」にはhtmlの<head></head>タグの内部を設定する「tcd_head」関数があります。(wp_headに「tcd_head」関数をフックしている)

とりあえず、親テーマのフォルダー構成と同じように「functions」フォルダーを子テーマフォルダーにつくり、フォルダー内に「head.php」をコピーします。

親テーマはfunctions.phpでrequireしていますので、「head.php」は必ず読み込まれます。

この点に注意が必要です。

【PR】「Theme3」では、企業サイトのWordPressテーマに「 ワードプレステーマTCD 」をオススメしています。
WordPressテーマ「SOLARIS」の詳細をTCDのページで見る

レスポンシブ対応
カスタム投稿タイプ「お知らせ」「企業情報」「サービス」「プロジェクト」
高速化設定(絵文字読み込み・コード最適化)
他、機能多数。

ご購入は以下のバナーリンクページの購入ボタンをクリックしてください。

子テーマのfunctions.phpで親テーマのhead.phpの関数を削除

子テーマでは「head.php」をカスタマイズしますので、親テーマの「tcd_head関数」のフックを無効にします。

子テーマのfunctions.phpに以下のように記述します。

add_action( 'after_setup_theme', 'setup_after_parent_theme', 20 );
function setup_after_parent_theme() {
 // 親テーマでフックしているアクションを削除
 remove_action( 'wp_head', 'tcd_head' );
}

require_once ( get_stylesheet_directory() . '/functions/head.php' );

add_actionwp_headのフックを無効化し、require_onceでカスタマイズした関数をwp_headにフックします。

しかし、これを実行すると「tcd_head」関数の再宣言でエラーが発生してしまいます。

先に述べたように「head.php」は既に読み込まれているので「tcd_head関数」は宣言されています。

【PR】「Theme3」では、企業サイトのWordPressテーマに「 ワードプレステーマTCD 」をオススメしています。
WordPressテーマ「GENESIS」の詳細をTCDのページで見る

ブロックエディタ対応
カスタム投稿タイプ「お知らせ」「サービス(事業案内)」
SEO機能(metaタグ、OGP、高速化)
他、機能多数。

ご購入は以下のバナーリンクページの購入ボタンをクリックしてください。

再宣言エラーを回避するためhead.phpの関数名称を変更

「tcd_head関数」の再宣言エラーを回避するためには、子テーマのhead.phpの関数名称を変更します。

<?php
     function tcd_head2() { //関数名を変更
       $options = get_desing_plus_option();
?>

(中略)

<?php
     }; // END function tcd_head()
     add_action("wp_head", "tcd_head2");
?>

関数名「tcd_head」を「tcd_head2」に変更します。
これによってエラーが発生しなくなります。

あとは、「// END function tcd_head()」の直前でCSSを読み込ませれば、独自のCSSを読み込むことができます。

<!-- 追加 start -->
<link rel="stylesheet" href="<?php echo get_stylesheet_directory_uri(); ?>/css/custom.css?ver=<?php echo version_num(); ?>">
<!-- 追加 end -->
<?php
     }; // END function tcd_head()
     add_action("wp_head", "tcd_head_child");
?>

隘路

テストの段階で親テーマの関数の削除に失敗。
head部分が2回繰り返されたのには驚きました。

先に子テーマの tcd_head2()が実行され、その後、親テーマのtcd_head()が実行されます。

この実行順序も面白いです。

その他のカスタマイズ

以下はhead.phpをカスタマイズして、動画の配置を変更しています。

こちらも参考にしてください。

【PR】「Theme3」では、企業サイトのWordPressテーマに「 ワードプレステーマTCD 」をオススメしています。
WordPressテーマ「GENESIS」の詳細をTCDのページで見る

ブロックエディタ対応
カスタム投稿タイプ「お知らせ」「サービス(事業案内)」
SEO機能(metaタグ、OGP、高速化)
他、機能多数。

ご購入は以下のバナーリンクページの購入ボタンをクリックしてください。

プロモーション

戦略的WEBサイト構築方法

戦略的WEBサイト構築方法
WEB担当者にオススメ

WEBサイトをビジネス戦略のPDCAサイクルに組み込むための考え方と、サイトを内製化する方法を分かりやすく解説します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

eight − two =

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUT US
lin記事を書いている人
はじめまして。「lin」です。クリエイティブディレクター兼グラフィックデザイナーとして活動しています。おかげさまで、キャリア25年以上になりました。「Theme3」は、私が企画デザイン事務所スラッシュディーの仕事で得たノウハウを公開します。
※以下は私が活動している企業情報にリンクしています。