ビジネス向けWEBサイトをつくる

WPテーマ「JIN」で企業サイトを作るのは困難。「JIN:R」を割引きで購入しましょう。

本ページはプロモーションが含まれています

数年前に購入したWordPressテーマ「JIN」。

すでに「JIN:R」という後継テーマが発売されているので、「JIN」はもうオワコンなのだと思います。

せっかく購入したので、「JIN」でも企業サイトをつくることが出来るか、検証することにしました。

しかし、もうやっても意味ないかもしれません。

【PR】「Theme3」では、企業サイトのWordPressテーマに「 ワードプレステーマTCD 」をオススメしています。
WordPressテーマ「GENESIS」の詳細をTCDのページで見る

ブロックエディタ対応
カスタム投稿タイプ「お知らせ」「サービス(事業案内)」
SEO機能(metaタグ、OGP、高速化)
他、機能多数。

ご購入は以下のバナーリンクページの購入ボタンをクリックしてください。

JINで企業サイトは苦しい

「JIN」で企業サイトを作ろうとしたのですが…

「JIN」のオリジナルブロックは文字装飾がメインの11種類のみ。

JINブロック
JINブロック

一覧表示したり、全幅のブロックは一つもありません。

しかたなく、カスタムCSSで何とかカタチにしてみました。

JINデモサイト
JINデモサイト

イメージスライダーもないですので、「JIN」で企業サイトは諦めた方がよさそうです。

【PR】「Theme3」では、企業サイトのWordPressテーマに「 ワードプレステーマTCD 」をオススメしています。
WordPressテーマ「SOLARIS」の詳細をTCDのページで見る

レスポンシブ対応
カスタム投稿タイプ「お知らせ」「企業情報」「サービス」「プロジェクト」
高速化設定(絵文字読み込み・コード最適化)
他、機能多数。

ご購入は以下のバナーリンクページの購入ボタンをクリックしてください。

ブログなら「JIN」でも、まだまだいけそうですが…

「JIN」のカスタマイザーを見てみましょう。

JINカスタマイザー
JINカスタマイザー

「記事のデザイン設定」「見出しデザイン設定」「ボックスデザイン設定」「ボタンデザイン設定」は、かなり豊かなカスタマイズ性能があります。

ボックスデザイン設定を例にとってみると…

細かい色設定も可能です。

JINボックス設定
JINボックス設定

ブログを書くだけなら、まだ現役でいけるかもしれません。

【PR】「Theme3」では、企業サイトのWordPressテーマに「 ワードプレステーマTCD 」をオススメしています。
WordPressテーマ「GENESIS」の詳細をTCDのページで見る

ブロックエディタ対応
カスタム投稿タイプ「お知らせ」「サービス(事業案内)」
SEO機能(metaタグ、OGP、高速化)
他、機能多数。

ご購入は以下のバナーリンクページの購入ボタンをクリックしてください。

JINが気にいっていた方はJIN:Rを購入しましょう

JIN:R公式サイト
JIN:R公式サイト

出典:https://jinr.jp

さて、「JIN」は柔らかいデザインでなかなか良いテーマだったのですが、ブロックエディタのオリジナルブロックも少ないし、全幅ブロックなど望むべくもなく、テーマの古い印象はどうにもなりません。

「JIN」のデザインが気にいっている。今まで「JIN」を使っていた。

そんな方は後継テーマの「JIN:R」を購入した方がよいでしょう。

「JIN:R」は以下の特徴を持っています。

JIN:Rの特徴
  • そのまま使える豊富なテーマデザイン(15種)
  • 使いやすいオリジナルブロック(16種)
  • デザイン見本を用意(マイクロコピーボタン・商品ランキング・画像加工・コンセプト)
  • 機能(高速なテーマ設計・広告管理・内部SEO対策済み・YouTube連携・スマホCVボタン・オリジナルアイコン)
  • 販売価格:19,800円(JINユーザーに5,000円割引きあり)

JINユーザーは5,000円引きでJIN:Rが購入出来る

JINユーザーの「優待割引」を開始
JINユーザーの「優待割引」を開始

出典:https://jinr.jp/campaign/

「JIN」ユーザーの方のために、「JIN:R」は割引価格になっています。

「JIN」を購入した際のダウンロードパスワードを用意すると、5,000円引きの14,800円になります。

せっかくですので、私も購入してみました。

購入したのに自動返信メールが届きません。

購入すると以下のような購入完了画面がでます。

JIN:R購入完了画面
JIN:R購入完了画面

自動返信メールが来るはずなのですが…

いくら待ってもメールが来ません。

注意書きに書いてあるように「迷惑メール」になってしまったのかもしれません。

調べて見ると…

エックスサーバーの迷惑メール

JIN:Rの自動返信メールは迷惑メールになります。

エックスサーバーの「迷惑メールフィルター」をONにしていると、メールは届きません。

エックスサーバーの迷惑メール設定
エックスサーバーの迷惑メール設定

メールが届かない場合はWEBメールで確認しましょう。

エックスサーバー WEBメールログイン
エックスサーバー WEBメールログイン

メールアドレスとメールパスワードでログインします。

エックスサーバー webmail
エックスサーバー webmail

みごとにスパム扱いされてました。

これで無事「JIN:R」をダウンロードできました。

エックスサーバーのWebmailはメールのメンテナンスの際にも役立ちますので、使い方を覚えておきましょう。

「JIN:R」は子テーマ、「JIN」からの移管プラグインが用意されています。

テーマ関連ファイルダウンロードページ
テーマ関連ファイルダウンロードページ

「JIN:R」は子テーマや移管プラグインがあります。

「JIN」からの移行や、「JIN:R」をカスタマイズする際には子テーマを使いましょう。

では、「JIN:R」の特徴に触れていきます。

「JIN:R」のカスタマイズ

「JIN:R」のカスタマイズのほとんどが、カスタマイザーで行えます。

管理画面の独自の設定は「SEO設定」「広告設定」「計測タグ設定」の3つだけです。

JIN:R設定
JIN:R設定

JIN:R設定の概要

SEO設定noindex設定、パンくず、タイトルタグ等が設定できます。
広告設定広告の設定です。カテゴリー別に設定することもできます。
計測タグ設定Googleの計測タグやタグマネージャーを設定できます。
JIN:R設定の概要

次にカスタマイザーを見てみましょう。

JIN:Rカスタマイザー
JIN:Rカスタマイザー

JIN:Rのカスタマイザー概要

特に目に付いた設定をピックアップします。

デザインプリセット公式サイトのデモサイトのデザインプリセットを読み込むことができます。現状では15種類。ここで「Download」ボタンを押すと、今までの設定が変わってしまいますので、注意しましょう。
サイトデザイン設定記事で使用する「見出し」「ボックス」「ボタン」「吹き出し」等の色やアイコンを細かく設定できます。
自由自在なので、デザインを決定するのには時間がかかってしまうかもしれません。
JIN:Rのカスタマイザー概要

ウィジェット

ウィジェットの設定項目は以下。

●トップページ上部 ●記事上 ●記事はじめ ●記事おわり ●記事下 ●関連記事下 ●フッター ●サイドバー ●サイドバー追尾[PC] ●ハンバーガー

JIN:Rウィジェット
JIN:Rウィジェット

「JIN:R」は最新テーマですが、それほど高機能というわけではありません。

どちらかといえば、機能より使いやすさを追求したテーマのようです。

ただ、カスタマイズが細かく出来るので、デザインを決めづらいと思います。

そのために15種類のデザインプリセットがあるので、最初はどれかに似たものから少しずつ変更していく方がよいでしょう。

「JIN:R」のブロックエディタ

「JIN:R」のブロックエディタは「JIN」と比べると大きく改善しています。

JINRブロック
JINRブロック

オリジナルブロックは16個に増え、記事リスト、フルワイド、カテゴリー区別等の使い勝手の良いブロックをそろえました。

これにより企業サイトも難なく作ることができます。

まとめ

例によって、デモサイトで企業サイトを作ってみました。

JIN:Rデモサイト
JIN:Rデモサイト

「JIN」では苦しみましたが、「JIN:R」では難なくここまで持ってこれました。

「JIN」を使い続けるより「JIN:R」への更新をオススメします。

しかし、高機能なブログ用テーマが増える中、この「JIN:R」は決して高機能売りのテーマではありません。
あくまで、ブログ用の使いやすさを追求したテーマだと感じました。

開発に3年を費やしたそうですが、その間に「JIN:R」を選択するユーザーは狭まったかもしれません。

とにかく色にこだわりたい。そんなユーザーにおススメです。

【PR】「Theme3」では、企業サイトのWordPressテーマに「 ワードプレステーマTCD 」をオススメしています。
WordPressテーマ「GENESIS」の詳細をTCDのページで見る

ブロックエディタ対応
カスタム投稿タイプ「お知らせ」「サービス(事業案内)」
SEO機能(metaタグ、OGP、高速化)
他、機能多数。

ご購入は以下のバナーリンクページの購入ボタンをクリックしてください。

プロモーション

戦略的WEBサイト構築方法

戦略的WEBサイト構築方法
WEB担当者にオススメ

WEBサイトをビジネス戦略のPDCAサイクルに組み込むための考え方と、サイトを内製化する方法を分かりやすく解説します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

16 − nine =

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUT US
lin記事を書いている人
はじめまして。「lin」です。クリエイティブディレクター兼グラフィックデザイナーとして活動しています。おかげさまで、キャリア25年以上になりました。「Theme3」は、私が企画デザイン事務所スラッシュディーの仕事で得たノウハウを公開します。
※以下は私が活動している企業情報にリンクしています。