ビジネス向けWEBサイトをつくる

コーポレートサイトを無料テーマ「Lightning」でつくるという選択肢。

本ページはプロモーションが含まれています

WordPressテーマ「Lightning」はかなり前からコーポレートサイト、ビジネスサイトを作成する定番のテーマでした。
WordPress公式テーマにも登録されています。

私の知っているお客さまの中にも「Lightning」を使用しているコーポレートサイトを見かけます。

私のお客さまにも「Lightning」をご紹介したこともあります。

シンプルなサイトなら、このテーマで十分だと思います。

他のページでも紹介しているように、「いちばんやさしいWordPressの教本 第5版 5.x対応 人気講師が教える本格Webサイトの作り方 (「いちばんやさしい教本」シリーズ)」という初心者向けの本でとりあげられていて、WordPressでサイト制作をするための入門的なテーマとしては最高の選択肢です。

しかし、満足のいくコーポレートサイトを作り上げるためには、無料版では十分ではないかもしれません。

現在では、サブスク型の有料版「VektorPassport」が販売されています。

このページでは、無料版でどのようなことができるのか、検証していきます。

【PR】「Theme3」では、企業サイトのWordPressテーマに「 ワードプレステーマTCD 」をオススメしています。
WordPressテーマ「GENESIS」の詳細をTCDのページで見る

ブロックエディタ対応
カスタム投稿タイプ「お知らせ」「サービス(事業案内)」
SEO機能(metaタグ、OGP、高速化)
他、機能多数。

ご購入は以下のバナーリンクページの購入ボタンをクリックしてください。

基本的なコーポレートサイトは無料版で大丈夫だが…

「theme3」ではシンプルなデモサイトを作ることで、WordPressテーマの使用感をはかっています。

テーマの中にはシンプルなものが苦手なテーマや簡単なものや色々です。

「Lightning」は比較的シンプルなものが容易に作成できるテーマでした。

しかし、デザイン的には大柄なので、このままではお金の頂ける仕事は無理だと思います。

デモサイト

「Lightning」の入手

無料版「Lightning」はWordPress公式ディレクトリから入手できます。

「外観」→「テーマ」→「Lightning」で検索してください。

Lightning

【PR】「Theme3」では、企業サイトのWordPressテーマに「 ワードプレステーマTCD 」をオススメしています。
WordPressテーマ「SOLARIS」の詳細をTCDのページで見る

レスポンシブ対応
カスタム投稿タイプ「お知らせ」「企業情報」「サービス」「プロジェクト」
高速化設定(絵文字読み込み・コード最適化)
他、機能多数。

ご購入は以下のバナーリンクページの購入ボタンをクリックしてください。

「Lightning」のインストール

「Lightning」が検索出来たら、マウスオーバーするとインストールボタンが表れます。

早速、インストールしてみましょう。

Lightningのインストール

必須プラグインのインストール

「Lightning」には3つの必須プラグインが附属しています。

VK All in One Expansion Unit Facebookページプラグインやソーシャルブックマーク、OGタグ、Twitterカードタグ、Google Analyticsタグなどの出力や、最新記事投稿ウィジェット、関連する投稿の挿入、各種ブロックなどがあります。
後述しますが、このプラグインによってカスタム投稿を設定することができます。
VK Block Patterns独自のブロックパターンを作成して登録する事ができます。
VK BlocksGutenbergのブロックを拡張するプラグインです。
3つの必須プラグインの機能
必須プラグインのインストールメッセージ

ダッシュボードに表示される案内に従って、インストールしてください。

必須プラグインのインストール

プラグインの有効化を忘れないようにしましょう。

必須プラグインの有効化

「VK Block Patterns」は「VK Pattern Libraryのアカウント連携が設定されていません。」と警告を出しますが、「Dismiss」を押せば消えます。

無料版でも多くのパターンライブラリが使用できます。

VK Pattern Libraryのアカウント連携

子テーマのインストール

ベクトレ

出典:https://training.vektor-inc.co.jp/

「Lightning」の子テーマはVEKTORのトレーニングサイト「ベクトレ」からダウンロードしてください。

「ベクトレ」は、Vektor,Inc. のテーマ・プラグインの使い方・カスタマイズや、WordPressのサイト運営及びWeb制作全般の知識を共有するオンライン学習サービスです。

このページのサイドバーに「Lightning」のカスタマイズのレッスンページへリンクがあります。
全ページ確認していただくと、よい学習になります。

【PR】「Theme3」では、企業サイトのWordPressテーマに「 ワードプレステーマTCD 」をオススメしています。
WordPressテーマ「GENESIS」の詳細をTCDのページで見る

ブロックエディタ対応
カスタム投稿タイプ「お知らせ」「サービス(事業案内)」
SEO機能(metaタグ、OGP、高速化)
他、機能多数。

ご購入は以下のバナーリンクページの購入ボタンをクリックしてください。

VK All in One Expansion Unit」について

「Lightning」の必須プラグインの一つ「VK All in One Expansion Unit」が秀逸なので解説します。

このプラグインを入れるとカスタム投稿を簡単に設定できます。

また、ExUnitの機能でSEO関連も設定可能になります。

VK All in One Expansion Unit

カスタム投稿を追加する

まず、「お知らせ」のカスタム投稿を追加してみます。

カスタム投稿設定
  1. 投稿タイプに「news」
  2. 有効にする設定を選択
  3. メニューの位置を「5」にすると「投稿」の下に表示されます。
  4. ブロックエディタ対応
  5. カスタム分類の分類「cat」にします。分類名を「カテゴリー」

カスタム分類名(スラッグ)を「category」にすると「投稿」の「カテゴリー」がなくなります。「category」以外を設定します。

  1. 最後にパーマリンク設定を保存します。
パーマリンク設定

パーマリンク設定を保存しないと、お知らせのページがあっても「Not Found」になることがあります。

ExUnitを設定する

「ExUnit」は先にも記したようにSEO機能やCTA、広告など、サイトを運営する上で必要なあらゆる機能を提供します。

「ExUnit」は3つのタブからなっています。

ExUnitの使い方
  1. 「有効化設定」で使いたい機能をアクティブにします。
  2. 「メイン設定」で有効化した機能を設定します。
  3. 「CSSカスタマイズ」はCSSを追加できます。

「ExUnit」の設定可能な項目は以下。

ExUnitの設定項目

fontawasome link タグを出力 タイトルタグの書き換え 再利用ブロック管理メニューの追加 管理バーにプラグインリンク追加 ソーシャルメディア連携 Google Analytics Google タグマネージャー メタディスクリプションタグを出力 構造化データ – 記事 構造化データ – パンくずリスト noindex 追加機能 ウィジェット 投稿ループ前ウィジェットエリア デフォルトサムネイル画像 デフォルトサムネイル画像 CSSカスタマイズ 子ページの一覧表示 先祖階層からの子ページリスト表示 お問い合わせセクション HTMLサイトマップの表示 Call To Action 広告の挿入 関連記事 IEアラートの表示 XMLサイトマップ無効化 絵文字の無効化 管理バーメニュー カスタム投稿タイプマネージャー ページトップへ戻るボタン スムーススクロール Body class の追加 ナビメニューclassの改変 ページリストから指定ページを除外 CSS最適化 Contact Form 7 アセットファイル最適化 アイキャッチ画像自動挿入 ウィジェット有効化設定

本気で使うなら「Vektor Passport」を購入しよう

Vektor Passport

出典:Vektor Passport

以上、見てきたように「Lightning」は無料版といえど、大変高機能なテーマであることが分かります。

しかし、デモサイトを作ってみると、デザイン的には貧弱と言わざるを得ません。

この欠点をサポートするのが有料版というわけです。

「Lightning」には全てそろった「Vektor Passport」というサブスクのサービスがあります。

パッケージとして提供される機能は主に3つあります。

Vektor Passportの内容
  1. VK Pattern Library限定プレミアムパターン使い放題
  2. ブロック追加プラグインVK Blocks Pro
  3. テーマ機能拡張プラグイン Lightning G3 Pro Unit
  4. ライセンスキー(1つ)
  5. その他特典あり
VK Pattern Library「プレミアム」と記載されたデザインパターンをコピーペースト出来るようになります。サイトトップのデザインパターンも含まれます。
VK Blocks Pro「投稿リスト」が使えますので、固定ページをトップページにしたカスタマイズが容易になります。サイト制作には必須だと思います。
Lightning G3 Pro Unit「Lightning」に機能追加するプラグインです。オリジナルなサイト制作には必須の機能がたくさん搭載されます。
アクションフックの場所も表示可能になります。
ライセンスキー一つのライセンスキーで自身で制作・管理している複数のサイトを構築可能です。
その他特典・フォーラムで質問できる
・学習の進捗が管理できる
・新製品β版を試せる
販売価格・ライセンス期間1年:9,900円
・ライセンス期間3年:26,400円
・ライセンス期間5年:39,600円
Vektor Passportの概要

「Lightning G3 Pro Unit」は、アクションフックの場所が表示出来るのがいいです。「Lightning」の無料版だと「add action」をプログラムソースから探さないと分かりません。

「Vektor Passport」の詳細は以下のページでご確認ください。

「Lightning」に物足りなさを感じたら「Vektor Passport」を購入した方がよいでしょう。

サイト制作に必要十分な機能が全てそろっています。

「Vektor Passport」は、株式会社ベクトルのサイトから購入できます。

【PR】「Theme3」では、企業サイトのWordPressテーマに「 ワードプレステーマTCD 」をオススメしています。
WordPressテーマ「GENESIS」の詳細をTCDのページで見る

ブロックエディタ対応
カスタム投稿タイプ「お知らせ」「サービス(事業案内)」
SEO機能(metaタグ、OGP、高速化)
他、機能多数。

ご購入は以下のバナーリンクページの購入ボタンをクリックしてください。

プロモーション

戦略的WEBサイト構築方法

戦略的WEBサイト構築方法
WEB担当者にオススメ

WEBサイトをビジネス戦略のPDCAサイクルに組み込むための考え方と、サイトを内製化する方法を分かりやすく解説します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

sixteen − sixteen =

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUT US
lin記事を書いている人
はじめまして。「lin」です。クリエイティブディレクター兼グラフィックデザイナーとして活動しています。おかげさまで、キャリア25年以上になりました。「Theme3」は、私が企画デザイン事務所スラッシュディーの仕事で得たノウハウを公開します。
※以下は私が活動している企業情報にリンクしています。