ビジネス向けWEBサイトをつくる

プラグイン「Pochipp」と「All In One WP Security」の干渉を解決する

本ページはプロモーションが含まれています

WordPressプラグイン「Pochipp」はAmazon、楽天市場、Yahooショッピングのリンクボタンを作っていくれる、アフィリエイトでは必須のプラグインです。

しかし、セキュリティープラグイン「All In One WP Security」と一緒に使用すると機能しないことがあります。

そんな場合は何が問題なのか設定を少しずつ変更して原因を突き止めます。

このページではプラグインの干渉によるエラーを解決する方法をご紹介します。

【PR】「Theme3」では、企業サイトのWordPressテーマに「 ワードプレステーマTCD 」をオススメしています。
WordPressテーマ「GENESIS」の詳細をTCDのページで見る

ブロックエディタ対応
カスタム投稿タイプ「お知らせ」「サービス(事業案内)」
SEO機能(metaタグ、OGP、高速化)
他、機能多数。

ご購入は以下のバナーリンクページの購入ボタンをクリックしてください。

「Pochipp」とは

「Pochipp」は管理画面から「ポチップ管理」で、アフィリエイト商品を一括管理できる便利なツールです。

商品リンクが使用されているページへのリンクもあります。

また、商品がリンク切れを起こすと識別できるようになっています。

ポチップ管理

このプラグインがあれば、Amazon、楽天市場、Yahooショッピングのアフィリエイトブロックを作るのは簡単です。

しかし、使用しているプラグインによっては「Pochipp」が正常に動作しないこともあります。

【PR】「Theme3」では、企業サイトのWordPressテーマに「 ワードプレステーマTCD 」をオススメしています。
WordPressテーマ「SOLARIS」の詳細をTCDのページで見る

レスポンシブ対応
カスタム投稿タイプ「お知らせ」「企業情報」「サービス」「プロジェクト」
高速化設定(絵文字読み込み・コード最適化)
他、機能多数。

ご購入は以下のバナーリンクページの購入ボタンをクリックしてください。

ブロック読み込みエラー: 返答が正しい JSON レスポンスではありません。

「ポチップ管理」に登録した商品ボタンに「ブロック読み込みエラー: 返答が正しい JSON レスポンスではありません。」というメッセージが表示されることがあります。

ポチップ管理で「ブロック読み込みエラー: 返答が正しい JSON レスポンスではありません。」

このような場合はプラグインの干渉を疑います。

私の場合は、セキュリティプラグイン「All In One WP Security」を導入した後に、この問題が発生したので「All In One WP Security」にあたりをつけました。

【PR】「Theme3」では、企業サイトのWordPressテーマに「 ワードプレステーマTCD 」をオススメしています。
WordPressテーマ「GENESIS」の詳細をTCDのページで見る

ブロックエディタ対応
カスタム投稿タイプ「お知らせ」「サービス(事業案内)」
SEO機能(metaタグ、OGP、高速化)
他、機能多数。

ご購入は以下のバナーリンクページの購入ボタンをクリックしてください。

「All In One WP Security」とは

「All In One WP Security」はWordPressのセキュリティーを上げるプラグインです。

「All In One」とついているように、これだけあれば、ほぼ全てのセキュリティーを強化できます。

私は、性能を理由に「Google reCAPTCHA」を外してしまったので、「All In One WP Security」を停止させるわけにはいきません。

つまり、「Pochipp」も「All In One WP Security」も、どちらも外すことができません。

そこで、それらの干渉の原因を掴む必要があるのです。

「All In One WP Security」の設定を試す

「All In One WP Security」が他のプラグインと干渉する場合は、「ファイアウォール」を疑ってみましょう。

「ファイアウォール」には8個のタブがあります。

設定項目のチェックをタブ毎あるいはブロック毎に外していきます。

そして、その設定毎に「Pochipp」をチェックするのです。

All In One WP Securityのファイアウォール設定

3つ目のタブ「6G Blacklist firewall rules」のチェックを全て外した場合に「Pochipp」のエラーが消えました。

All In One WP Securityの6G Blacklist firewall rules設定

次にチェックを一つずつ入れて、「Pochipp」がエラーにならない設定を確定させます。

Pochippのエラーが起きないAll In One WP Securityの6G Blacklist firewall rules設定

5Gブラックリストファイアウォール保護の適用が問題だと分かりました。

最終的に「Pochipp」のボタンも表示されました。

ポチップ管理のエラー解消

「Pochipp」のエラーが解決できない場合

場合によっては以下のような画面が引き続き表示されることがあります。

引き続き「Pochipp」の商品検索で同様の問題が発生した場合は「6G Blacklist firewall rules」の設定は全てチェックを外してください。

まとめ

以上のようにプラグイン同士のの干渉をなくすのはテストを繰り返しながら、エラーのない設定を見つける地道な作業です。

どうしても停止させたくないプラグインでなければ、優先度の高いプラグインを残して影響を与えるものを削除する方が無難です。

今回のようにエラーとなるプラグインを見つけるためには常にWordPressの状況を把握しておく必要があります。

自動更新は使わず、自分の手でプラグインの更新を行うようにしてください。

自動更新を行ってしまうと、何が悪いのかを特定するのが難しくなります。

【PR】「Theme3」では、企業サイトのWordPressテーマに「 ワードプレステーマTCD 」をオススメしています。
WordPressテーマ「GENESIS」の詳細をTCDのページで見る

ブロックエディタ対応
カスタム投稿タイプ「お知らせ」「サービス(事業案内)」
SEO機能(metaタグ、OGP、高速化)
他、機能多数。

ご購入は以下のバナーリンクページの購入ボタンをクリックしてください。

プロモーション

戦略的WEBサイト構築方法

戦略的WEBサイト構築方法
WEB担当者にオススメ

WEBサイトをビジネス戦略のPDCAサイクルに組み込むための考え方と、サイトを内製化する方法を分かりやすく解説します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

sixteen − 3 =

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUT US
lin記事を書いている人
はじめまして。「lin」です。クリエイティブディレクター兼グラフィックデザイナーとして活動しています。おかげさまで、キャリア25年以上になりました。「Theme3」は、私が企画デザイン事務所スラッシュディーの仕事で得たノウハウを公開します。
※以下は私が活動している企業情報にリンクしています。