ビジネス向けWEBサイトをつくる

WordPressカートプラグインWooCommerceに別住所の送付先電話番号を設置する

本ページはプロモーションが含まれています

WordPressでECサイトを制作しようとする場合、カートシステムを搭載するためには複数のプラグインがあります。

たとえば「WooCommerce」や「Welcart」がそれです。

私もECサイトを構築しようとして、どちらのプラグインにするか悩みました。

いろいろなブログを読みました。
結果的に機能が豊富で、シェアの多い「WooCommerce」を選ぶことにしました。

しかし、このプラグインはかなりハードルの高いものだったのです。

※このページでは制作したサイトの画面キャプチャをクライアント様の了解を得た上で使用しています。

【PR】「Theme3」では、通販サイトのWordPressテーマに「 ワードプレステーマTCD 」をオススメしています。
WordPressテーマ「EGO.」の詳細をTCDのページで見る

ショッピングカード(WooCommerce)
高速化設定(絵文字関連の読み込み・遅延読み込み画像・コード圧縮)
会員獲得に有効なデザインされた保護ページ
他、機能多数。

ご購入は以下のバナーリンクページの購入ボタンをクリックしてください。

WooCommerceの最初の印象

出典:https://ja.wordpress.org/plugins/woocommerce/

まず、「WooCommerce」の最初の印象をまとめてみます。

設定が複雑

これについては筆者がはじめて導入するECサイト用のプラグインということも理由の一つだったのかもしれません。

税や配送の設定が複雑で、かなり苦労することになりました。

プラグインとしてはハードルが高い部類に入ると思います。

日本国内の通販に限定する場合は不要な機能が多数

「WooCommerce」は日本製ではないので、国の設定等もあります。

日本国内に限定するECサイトの機能としては不要な設定も数多く、表示したくない項目も多数に登ります。

「Japanized for WooCommerce」という国内通販をサポートするプラグインもありますが、十分ではないと思います。

無料で運用しようとすると機能が限定される

ECサイトプラグインのシェアNo.1を誇るだけあって、連携出来るプラグインが多数存在します。しかし、送料の重量制などを導入しようとすると有料のプラグインが定番だったりします。(無料で導入できるものは機能が限定されます)

逆に、お金さえ払えば、何でも可能と言えるかもしれません。

まとめると「WooCommerce」は、私にとってやっかいなプラグインでした。
しかし、一度でも利用できれば(一度慣れてしまえば)、ECサイトとして優れたソリューションを提供できるはずです。

【PR】「Theme3」では、通販サイトのWordPressテーマに「 ワードプレステーマTCD 」をオススメしています。
WordPressテーマ「EGO.」の詳細をTCDのページで見る

ショッピングカード(WooCommerce)
高速化設定(絵文字関連の読み込み・遅延読み込み画像・コード圧縮)
会員獲得に有効なデザインされた保護ページ
他、機能多数。

ご購入は以下のバナーリンクページの購入ボタンをクリックしてください。

WooCommerceには別住所に商品を送る場合の送付先電話番号が標準で搭載されていない

前述したように「WooCommerce」は海外で開発されたプラグインです。
そのため、日本では当たりまえのような機能が標準では搭載されていなかったりします。

「Japanized for WooCommerce」を利用すれば、ある程度、国内対応になるのですが、十分ではありません。

そのひとつが、別住所に商品を送る場合の電話番号です。

※「Japanized for WooCommerce」を利用すれば別住所の電話番号入力が可能となるというブログも見つけましたが、現時点(2022年10月)で、「Japanized for WooCommerce」に設定箇所を見つけることが出来ません。

しかし、心配無用です。

【PR】「Theme3」では、通販サイトのWordPressテーマに「 ワードプレステーマTCD 」をオススメしています。
WordPressテーマ「EGO.」の詳細をTCDのページで見る

ショッピングカード(WooCommerce)
高速化設定(絵文字関連の読み込み・遅延読み込み画像・コード圧縮)
会員獲得に有効なデザインされた保護ページ
他、機能多数。

ご購入は以下のバナーリンクページの購入ボタンをクリックしてください。

送付先電話番号の追加コード

functions.phpに次のコードを追加するだけで、対応出来ます。

// 送り先電話番号 ----------------------------------------------------------------------- 
add_filter( 'woocommerce_checkout_fields', 'shipping_phone_checkout' ); 

function shipping_phone_checkout( $fields ) { 
	$fields ['shipping']['shipping_phone'] = array (
		 'label' => '電話',
		 'required' => true,
		'class' => array( 'form-row-wide' ),
		'priority' => 250,
	); 
	return $fields; 
}

結果

上記のコード追加によって、以下のすべての結果が得られます。

●チェックアウト画面

●注文完了画面の注文詳細情報

●マイアカウントの注文詳細情報

●WooCommerce管理画面の注文詳細情報

●注文時のメール ※お客様へのメールも同様

このページはコードの備忘録になってしまいました。
もっと分かりやすく、テーマと関連づけて解説する予定です。

【PR】「Theme3」では、企業サイトのWordPressテーマに「 ワードプレステーマTCD 」をオススメしています。
WordPressテーマ「GENESIS」の詳細をTCDのページで見る

ブロックエディタ対応
カスタム投稿タイプ「お知らせ」「サービス(事業案内)」
SEO機能(metaタグ、OGP、高速化)
他、機能多数。

ご購入は以下のバナーリンクページの購入ボタンをクリックしてください。

プロモーション

戦略的WEBサイト構築方法

戦略的WEBサイト構築方法
WEB担当者にオススメ

WEBサイトをビジネス戦略のPDCAサイクルに組み込むための考え方と、サイトを内製化する方法を分かりやすく解説します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

4 + 7 =

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUT US
lin記事を書いている人
はじめまして。「lin」です。クリエイティブディレクター兼グラフィックデザイナーとして活動しています。おかげさまで、キャリア25年以上になりました。「Theme3」は、私が企画デザイン事務所スラッシュディーの仕事で得たノウハウを公開します。
※以下は私が活動している企業情報にリンクしています。