ビジネス向けWEBサイトをつくる

カスタマイザーの「ホームページの表示」が変わらない場合の対策

本ページはプロモーションが含まれています

WordPressテーマ「Cocoon」をクローズドのテストサイトでテストしていて遭遇したのが、カスタマイザーの「ホームページ表示」を切り替えられないという事象です。

このために「おすすめカード」を「フロントページのみで表示」に設定することができませんでした。

色々な設定変更で原因を突き止めましたので、メモとして残しておきます。

【PR】「Theme3」では、企業サイトのWordPressテーマに「 ワードプレステーマTCD 」をオススメしています。
WordPressテーマ「GENESIS」の詳細をTCDのページで見る

ブロックエディタ対応
カスタム投稿タイプ「お知らせ」「サービス(事業案内)」
SEO機能(metaタグ、OGP、高速化)
他、機能多数。

ご購入は以下のバナーリンクページの購入ボタンをクリックしてください。

ホームページの設定とは

「ホームページの設定」はトップページをどのように表示するかを決定づけます。

例えば、「最新の投稿」をトップページとするのか、固定ページをトップページにするかを設定できます。

ここでいう「トップページ」はWordPressの「フロントページ」として表示されます。

「ホームページの設定」で指定したページが「プロントページ」となるのです。

分かりにくいのは、この「ホームページの設定」が2箇所にあることです。

一つは「管理画面」→「設定」→「表示設定」

もう一つは「管理画面」→「外観」→「カスタマイズ」→「ホームページ設定」です。

2箇所のホームページ設定
  • WordPress設定(「管理画面」→「設定」→「表示設定」)
  • カスタマイザー設定(「管理画面」→「外観」→「カスタマイズ」→「ホームページ設定」)

以下の記事をあわせて読んでいただくと「ホームページの表示」がサイトにどのような影響を与えるかを理解しやすいと思います。

【PR】「Theme3」では、企業サイトのWordPressテーマに「 ワードプレステーマTCD 」をオススメしています。
WordPressテーマ「SOLARIS」の詳細をTCDのページで見る

レスポンシブ対応
カスタム投稿タイプ「お知らせ」「企業情報」「サービス」「プロジェクト」
高速化設定(絵文字読み込み・コード最適化)
他、機能多数。

ご購入は以下のバナーリンクページの購入ボタンをクリックしてください。

ホームページの設定が食い違っているというトラブル

今回の問題は前述の「WordPress設定」と「カスタマイザー設定」が食い違っているということから発生しています。

WordPress設定

「WordPress設定」の表示設定は「最新の投稿」となっています。

テストブログは最新の投稿のアーカイブですので、こちらは正しく設定されています。

WordPress設定の表示設定

カスタマイザー設定

カスタマイザーの設定を見てみると「固定ページ」となっています。

これが、おかしいです。

「最新の投稿」を設定して「公開」を何度行っても変更することができません。

カスタマイザーのホームページ設定

【PR】「Theme3」では、企業サイトのWordPressテーマに「 ワードプレステーマTCD 」をオススメしています。
WordPressテーマ「GENESIS」の詳細をTCDのページで見る

ブロックエディタ対応
カスタム投稿タイプ「お知らせ」「サービス(事業案内)」
SEO機能(metaタグ、OGP、高速化)
他、機能多数。

ご購入は以下のバナーリンクページの購入ボタンをクリックしてください。

トライした対策

これは設定の問題ですので、WordPressの環境に起因していると考えられます。

そこで試したのは以下の対策です。

3つの対策
  • WAFの設定変更
  • キャッシュの削除
  • プラグイン停止

WAFの設定変更

「WAF」とはWEBアプリケーションファイアウォールの略。

エックスサーバー を使っているので、セキュリティー設定が可能です。

しかし、時々「WAF」の設定でトラブルも起きます。

「WAF」の設定は全てチェックが入っていました。

エックスサーバーのWAF設定

これを以下のように「XSS対策」と「コマンド対策」のチェックを外します。

エックスサーバーのWAF設定変更

「反映待ち」になるので1時間ほど待ちます。

結果は変わりませんでした。

キャッシュの削除

私はキャッシュ系のプラグインはトラブルの原因になりやすいと思っています。

そのため、キャッシュプラグインを使っていません。

しかし、テーマの「Cocoon」は独自のキャッシュを行っていますので、それを削除してみます。

Cocoonのキャッシュ削除

「全てのキャッシュ削除」を行います。

このキャッシュの削除は「SNSキャッシュ」から「楽天APIキャッシュ」までの全て削除されますので、注意してください。

結果は変わりませんでした。

プラグインの停止

次に全てのプラグインを停止してみます。

すると、問題無く「カスタマイザー設定」で「ホームページの表示」が「最新の投稿」に切り替わりました。

原因はインストールされているプラグインだったのです。

これが分かればプラグインをサイド有効にして、ひとつずつ停止することで原因のプラグインを突き止めることができます。

原因は「LightStart – Maintenance Mode, Coming Soon and Landing Page Builder

原因はメンテナンスモードのプラグイン「LightStart – Maintenance Mode, Coming Soon and Landing Page Builder」でした。

冒頭でも述べたように問題のサイトはクローズドのテストサイトです。

メンテナンスモードをプラグイン「LightStart」で設定していたのです。

さらにテストしてみると、問題が起きるのはメンテナンスモードを「有効化」している時だけでした。

プラグイン「LightStart」をインストールしているだけでは問題は起こりません。

しかし、「Cocoon」のテストでは「LightStart」のメンテナンスモードを有効にすると「おすすめカード」が表示出来なくなります。

以前にも「LightStart」によって画面が完全に崩れてしまった経験があり(その時はインストールしただけ)、このプラグインに対する印象は悪くなる一方です。

まとめ

以上のような試行錯誤によって、表示設定を「最新の投稿」に設定することができるようになりました。

このような不具合を最初からプラグインに結びつけることは、非常に難しいと思います。

私の試行錯誤の中にはキャッシュの削除もあり、「人気記事ウィジェットのキャッシュ」は元には戻りません。

結局、原因不明の対策の第一歩は「プラグインの全停止」が最も良さそうです。

教訓

原因不明の障害は、まずプラグインを疑おう

【PR】「Theme3」では、企業サイトのWordPressテーマに「 ワードプレステーマTCD 」をオススメしています。
WordPressテーマ「GENESIS」の詳細をTCDのページで見る

ブロックエディタ対応
カスタム投稿タイプ「お知らせ」「サービス(事業案内)」
SEO機能(metaタグ、OGP、高速化)
他、機能多数。

ご購入は以下のバナーリンクページの購入ボタンをクリックしてください。

プロモーション

戦略的WEBサイト構築方法

戦略的WEBサイト構築方法
WEB担当者にオススメ

WEBサイトをビジネス戦略のPDCAサイクルに組み込むための考え方と、サイトを内製化する方法を分かりやすく解説します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

two × 1 =

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUT US
lin記事を書いている人
はじめまして。「lin」です。クリエイティブディレクター兼グラフィックデザイナーとして活動しています。おかげさまで、キャリア25年以上になりました。「Theme3」は、私が企画デザイン事務所スラッシュディーの仕事で得たノウハウを公開します。
※以下は私が活動している企業情報にリンクしています。